買い物かごの中を見る

ラブレ菌とすぐき漬け

すぐき漬けと植物性乳酸菌ラブレ菌の関係

●すぐき漬けの中から全く新しい乳酸菌、ラブレ菌発見!!

健康にいいとされる植物性乳酸菌のラブレ菌は、京漬物のすぐきから発見されました。

ラブレ菌を最初に発見したのは、免疫力と関係の深いインターフェロンの研究などで知られるルイ・パストゥール医学研究センターの岸田綱太郎博士です。

博士は健康に良いとされる食品について研究していたところ、長寿で有名なコーカサス地方では、ヨーグルトや乳酸菌飲料が多く口にされているという事実から乳酸菌研究に力を入れてきました。

そのような中、博士は「京都の男性は全国2位の長寿」という新聞記事を読まれました。
京都で長年暮らしてきた博士は、この記事に興味を持ち、京都の人が好んで食べる漬物をいろいろと調べました。

そこで、1993年に京都の漬物の中でも特にすっぱいすぐき漬けの中から全く新しい乳酸菌の一種を発見し、それをラブレ菌と名づけました。

ラブレ菌の特徴

  • 漬けを作る「室」や「樽」に乳酸菌が長年住み着いていると言われています。
  • すぐき漬けの過酷な環境で育つラブレ菌は植物性乳酸菌の中でも、腸内で生き抜く力が特に強いです。

●生きたまま腸へ届きやすい植物性乳酸菌ラブレ菌!!

古来より日本人は味噌や醤油、漬物などの植物性の発酵食品を食べ続けてきました。
また、古代から野菜や米などの食物繊維が多い食材を食べてきたので、欧米人に比べて腸が長いとされています。
その長い腸へ生きたまま腸へ届きやすいのが植物性乳酸菌です。

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の二種類あります。

動物性乳酸菌
乳などの素材を発酵させ、ヨーグルトやチーズを作ります。
植物性乳酸菌
野菜や穀物を発酵させ、すぐき漬けなどの漬物、味噌、醤油などの発酵食品を作ります。

植物性乳酸菌は、過酷な環境でも生き抜く生命力が強いため、胃酸や消化液といった過酷な環境をくぐり抜け、生きて腸まで届く確率が高くなります。

●健康と免疫をつかさどる器官としての腸との関係

腸は脳から独立して働いています。
腸は第二の脳と呼ばれるぐらい重要な働きをしています。
栄養を吸収できるのは腸だけです。
また、腸は免疫をつかさどる器官としても注目を集めています。

体の免疫機能の60%以上が腸に集中しており、人体最大の免疫器官であります。

腸の中の善玉菌を増やし、腸内環境を整えたいです。

すぐきは、健康志向が強いアメリカでも「マジックピクルス」などと称されて、注目される食品となっています。

すぐき相関図

健康のことも考えつつ、おいしく食べたいものです。

植物性乳酸菌ラブレ菌、すぐき漬けと健康の関係

発酵食品

すぐき漬けは、発酵食品です。
微生物(菌)が素材に働きかけ、新たな風味や栄養成分を作り出します。
発酵食品は、人体最大の免疫器官である腸を元気にし、体内に侵入してきた異物を排除したり、体の不調を防ぐ免疫力をアップさせるといわれています。
すぐきは、乳酸菌の力をかり、自然発酵した自然漬物です。

乳酸菌

乳酸菌や納豆菌などは人間にとっていい菌で、腸内に届くと腸内で善玉菌が増え、 腸内環境がよくなり、免疫力を高める働きが
あるともいわれています。
この善玉菌の代表が乳酸菌なのです。
また、乳酸が雑菌の繁殖を抑えるともいわれています。
乳酸菌には素材を発酵させて、ヨーグルトなどをつくる動物性乳酸菌と漬物、味噌、醤油などをつくる植物性乳酸菌があります。

植物性乳酸菌

漬物にも多く含まれる植物性乳酸菌は、生命力が強いため過酷な環境でも
生きて腸まで届きやすいです。
ラブレ菌はこの植物性乳酸菌の代表として注目されています。

ラブレ菌

長寿で有名なコーカサス地方では、ヨーグルトや乳酸菌飲料が多く口に
されているという事実から、乳酸菌研究に力を入れ、免疫力と関係の深い
インターフェロンの研究などで知られる岸田綱太郎博士が、発見しました。
1993年のことで、京都の漬物の中でも、特にすっぱいすぐき漬けから全く
新しい乳酸菌の一種を発見し、ラブレ菌と名づけました。
ラブレ菌には、免疫の活性化や免疫機能を高める作用があることが分かりました。
ラブレ菌は、今や健康にいいものとして、多くの人に乳酸菌飲料やサプリメントとして飲まれています。
すぐき漬けを作る「室」や「樽」に乳酸菌が長年住み着いているといわれています。

こちらからご購入していただけます。

すぐきイラスト